バックスイングの基本の真実 あなたのゴルフスイングの概念を変える4つの動作

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。
緊急告知!!スコア”100”を切れないあなたへ!!
“CHIAKI”
こんにちは!はらちんです!

突然ですがスコア100切りを目指すゴルファーを緊急募集いたします!

募集人数は3名!しかも料金は今だけ無料!あなたは完全にリスクなしです!

詳しいサポート体制については下記の画像をクリックしていただければ募集ページに飛びます!

下記の画像をクリック ↓↓↓

 

 

私が募集したいのは本気で私とスコア”100”切りを目指す情熱と熱意溢れるアマチュアゴルファーです!

本気のゴルファーのご応募お待ちしております!

この企画をみてちょっとでもこれなら上達できるかもしれないと思ったあなた!

私と共に100切り目指しましょう。

数あるゴルフブログのなかであなたがここに辿り着き、そしてこの企画を最後まで読んでくださったご縁!これを大事にしたいです!

私もこの企画に全力を出し尽くす覚悟でサポートいたします!

今あるあなたのゴルフを私が100%変えてみせます!

何卒よろしくお願い申し上げます!

こちらにメールどしどしお待ちしております。 ↓

お問い合わせ

 

バックスイングとは?

 

バックスイングとはクラブを振り上げた時、手の位置が最も高いポジションを言います。

バックスイングとはスイングに勢いをつけるための反動を利用する部分で、身体を捻転してパワーを貯めるポジションのことを言います。

写真を見ると上半身と下半身の捻転差がよくわかります。
捻転差とは例えると、消しゴムです。

消しゴムの下を抑えて、上の部分を捻ってやると上と下の捻転差が生まれ、手を話すと消しゴムは元に戻ろうとして勢いよく戻ります。

これを

「反発エネルギー」

と言いゴルフにおけるパワーを最大限に生かす体の使い方です。

バックスイングで捻転差を最大限に使うには?

バックスイングで上と下の捻転差を作るためには、テークバックの最初の動きが大切です。

 

テークバックで「ヒョイっと」上げてしまう人がいますが、これはやめてください!
スイングが緩む原因となり、手を使ってボールに合わせるスイングになってしまいます。

 

アドレス時のグリップの形状を崩さずに体全体を使って飛球線後方30センチまでクラブヘッドをまっすぐ引きます。

その動きには胸、腕、背中、肩、腹筋、お尻といった大きな筋肉をいッせいに動かしてトップスイングまで持っていきます。

(大きい筋肉を動かすことでプレッシャーに強いスイングとなり、反復性の高いスイングになります。)

このことをワンピーススイングと言います。

 

目安として左かかとと右足のつま先を結ぶラインにクラブを置きます。

自分から見て正面が時計の6時の位置だとしたら8時の位置を指します。

この位置まで手先を使わず大きな筋肉を使ってワンピーステークバックができるとクロスしておいたシャフトと重なります。

右足の土踏まずへ体重移動する際に自然にこの動きができたら合格です。

右ひざを動かさない

バックスイングの際、右ひざが伸び腰が回旋してしまうと捻転差による反発エネルギーが使えません。

【右足つま先を内側にして打つドリル】

アドレスで右足つま先を閉じ打つことで、右膝が流れるのを防ぎ、右膝をキープする練習にはもってこいです。

実戦では悪いライの状況でボールをクリーンにヒットしたいときはこのアドレスが有効です。

【右足かかと踏みドリル】

アドレスで右足かかとをはじめから上げておき、右足を踏み込んでからバックスイングして打つ練習。

地面に右足が踏み込んでいるのでどっしりと右膝の角度がキープできて、なおかつ右足への体重移動も覚えることができる練習方法です。

 

 

ヒンジングコックを行う!

正しいテークバックの後は、両脇が体から離れないように、右肘を支点に曲げていき、左手の親指を立てます。(親指先が空を向く)

 

ちょうど左手が地面と平行の時点ではクラブが立って手首の角度と右肘の角度が90度になります。(このポジションをハーフウェイバックという)

この動きができないと、腕が体から離れていき、過剰なオーバースイングになってしまいます。

 

正しいトップスイングの位置

トップスイングの位置は高ければ高い程、ボールが飛ぶと思っている方が多いと思いますが、それは間違いです。

脇が体から離れない程度で両腕がつっぱらずに、腕のしなりを使ったバックスイングの方が効率よくパワーが伝わります。

例を挙げると、フィギアスケートの回転シーンです。

 

 

 

よりも

 

 

 

の腕をたたんで体の近くを通った方が回転スピードが上がり、効率よくパワーを出すことができます。

バックスイングの作り方を紹介

 

 

①アドレスを作ります。その状態のまま、両肘をリラックスさせてグリップを上に立て両手のポジションが胸の前に来るようにします。

② ①からシャフトが時計盤でいう1時の方向へ指すように傾けます。

 

③胸の面を意識し、肋骨と腕の三角形を崩さずに一緒にターンする。これでバックスイングの出来上がり。

最終チェックポイント

 

 

両肘がとてもリラックスしていて「肘がパコパコ」できるか?

パートナーに左上腕を回してもらった時回るか?

両肘は両肩の下にあり、コンパクトであるか?

まとめ

はらちんは日本でよく教えられている「テークバックで左ひじをもっと伸ばしてアークを大きく!」この定説は間違いであると断言します。

この間違った教え方で、筋肉はガチガチになり硬さのあるリズム感のないBADスイングになってしまいます。

記事を読んでもらえた方ははらちんを信じで記事で書いたことを実践して見てください。必ず上達への道が切り開けます。

当ブログ管理人厳選のおすすめゴルフショップ
“CHIAKI”
こんにちは!

私が厳選しておすすめする「Fairwaygolf」ショップはアメリカ直輸入店舗!(私も高校生時代から利用しています)

ここには他店にはない6つの強みがあります!

❶「国内未入荷モデル」

❷「US限定モデルのレアもの」 

❸「US限定のゴルフクラブ」 

❹「日本より安いモデル」

❺「日本より早期発売されるモデル」 

❻「カスタムクラブ」 

例えば、

や、

こんなものまで!!

日本のゴルフショップでは見たことないですよね?(しかも安い!!)




あなたの今まで見たことないゴルフグッズがここにあります!

ぜひ立ち寄ってご覧になってくださいまし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です