Sponsored Links

カジサックのゴルフスイング(ドライバー)を分析してみた!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

皆様こんにちは!

プロゴルフコーチのはらちんでございます!

今回は今やユーチューブ界隈では知らないものはいないほど有名となったキングコングの梶原さんのゴルフスイングを分析してみました!

ゴルフの腕前はおそらく、芸能人の中でナンバーワンなのではないでしょうか。

アドレス

〜グリップについて〜

左手のグリップがかなりのストロンググリップであることが分かります。

梶原さんのスイング全体を見ると軸移動して体軸を移行しながら2軸で振るスイングなので、リストターンで振るタイプ。

ストロンググリップだとインパクトでフェースがさらに返りやすく、球のコントロールが難しくなってしまいます。

〜姿勢について〜

また前傾の際の股関節が入っておらず、棒立ちの様にみえます。

なので、下半身の動作は使えず上半身主体のスイングだと分かります!

股関節から前傾する事を意識すると力強いアドレスになり、下半身の正しい使い方が出来るようになります。

最強姿勢ができる動画⬇️

 

テークバック

 

このハーフウェイバックの時点で右足に体重が8割程度乗っていますね!

胸、腕、肩が綺麗に連動していて上半身の使い方素晴らしいです。

 

ハーフウェイバック

 

遠くに遠くにヘッドを低く長く引いていく感覚でクラブが上がっていきます。

スイングアークを大きくする上で大切な要素が出来ています。

 

バックスイング

〜体の重心が上に逃げてしまう〜

非常に力強いバックスイングに見えますが、体の重心が上に上に逃げてしまっています。

もう少し両肘をリラックスさせて、バックスイングした時に両肘の間隔間で、パコパコできるようになるといいですね。

そうすることで腕がしなり、第2のシャフトとなるので、腕、シャフトのダブルのしなりでヘッドスピードが上がります。

また、重心が低いスイングができることは、あらゆるライに対応できるので一石二鳥です!

重心が低いバックスングを作る動画⬇️

ダウンスイング

梶原さんの凄いところは、先ほどのバックスイングで重心が上に逃げていったものを、上半身の前傾を倒す、フロントベンドという動きで補っています。(普通はそのまま振ってしまう)

そして、左サイドへバンプして力強い左の壁が出来ています!

バンプすることでその間、左腕が置き去りとなり、上半身とクラブのタメも作れています!

 

 

力強いダウンスイングだったのですが、ここでお尻が前に出て、体が起きてしまいます。

アドレスで股関節がしっかりと入っていればもう少し粘れたはずです。

また、左足のかかとに体重を移して左腰を切っていく動きをすると左肩口にクラブが抜けて、詰まる動きがなくなります。

 

 

 

インパクト

 

この時点で右足が爪先立ちするほど、左サイドに体重がほとんど乗ってインパクトしています。

梶原さんの体重の全てを球にぶつけています。

インパクトでは約1トンもの衝撃がかかると言われています。

これを左サイド、あらゆる所で受け止めるのですが、この1トンの力を受け止めきらずに力が分散してしまうとインパクトがブレてしまいます。

特に握力の弱い人や、筋力が弱い人、体重が軽い人はインパクトで力が分散しやすいので梶原さんみたいな左足に全て体重が乗っていくインパクトはオススメです。

また、左サイドの軸一本で振れていくのであらゆるライに対応できるスイングだと言えます。

 

フォロースルー

〜力強すぎるフォロースルー〜

遠心力を最大限生かした素晴らしいフォロースルーですね!

左足に体重がほとんど乗っていて球をしっかりと押せています!

しかし、狭いホールなんかでしっかりとフォロースルーで左サイドに乗れないと、梶原さんのスイング全体を考えた時に、ストロンググリップ、2軸スイング、クラブ軌道がインサイドアウトなのでチーピンやダックフックなどの大きなミスが出そうです。

狭いホールでも、しっかりフルスイングした方がまっすぐ行くタイプのスイングですね!

 

 

 

フィニッシュ

 

体重移動をして体軸を左右に揺らしてフレキシブルにスイングするタイプなので、足がすごいことになってます(笑)

しかし、上半身を見るとしっかりと肩甲骨が入っていて、胸の正面に三角形が保たれて素晴らしい形です。

 

〜まとめ〜

梶原さんのように小柄でも体重移動して体軸をフレキシブルに使うことで飛距離を出しています。

往年のゲーリープレーヤーを彷彿とさせるスイングでしたね!

上半身主体のスイングでしたが、大胆な体重移動と、巧みな上半身の使い方で芸能界ナンバーワンの腕前も頷ける素晴らしいスイングでしたね。

改善点は、梶原さんのスイングタイプは2軸スイングなのでストロンググリップではなく、スクエアグリップにすることでスイング中、フェースが閉じすぎてしまう事がなくなり、気持ちの良いリストターンができ、さらに精度の高い感覚を生かした上半身の使い方ができると思います。

 

YouTubeはじめました
“CHIAKI”

ゴルフの魅力を分かりやすく伝えるべく、YouTubeで動画配信する事にしました!

内容は【動画レッスン】【お悩み解決ドリル】【チャレンジ企画】【世界のゴルフ事情】などなどです!

ゴルフに関する質問、動画にして欲しい事、どしどしYouTubeコメントでもお待ちしております!

ゴルファーの皆様が楽しめてスキルアップ出来る動画作成してきますので何卒よろしくお願いいたします!

そして、どうか・・・

チャンネル登録をお願いいたします🙇‍♂️!

👇下の赤プッシュボタンを押しますとYouTubeページに飛びます👇

👇はらちん赤ちゃんのYouTubeチャンネルもよろしくお願いします👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です