Sponsored Links

ゴルフルール 改正 2018〜2019 池,バンカー,グリーン,ドロップの方法,2度打ちなど大幅な改正に驚き!!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

 

今回は2019年1月1日から新しいゴルフルールが施行されるということで変更点20点をまとめてみました。

4年に1度R&Aと全米ゴルフ協会、世界各国のゴルフ団体と協議してルールを見直し、変更されます。

今回のルール変更は過去に類を見ない大幅なルール変更になったので、今までのルールに慣れ親しんできたゴルファーはかなり抵抗があるかもしれません。

また2019年1月1日から変更されるとのことで、変更後のルールを知らないと、損してしまう可能性も出てくるのでいち早くチェックしましょう!

変更された点は主に20箇所。

簡単に詳しく説明していきます!

それではレディーゴー!

緊急告知!!スコア”○◯○”を切れないあなたへ!!
“CHIAKI”
こんにちは!はらちんです! 突然ですがスコア◯◯◯切りを目指すゴルファーを緊急募集いたします! 募集人数は3名!しかも料金は今だけ無料!あなたは完全にリスクなしです! 詳しいサポート体制については下記の画像をクリックしていただければ募集ページに飛びます!

下記の画像をクリック ↓↓↓     私が募集したいのは本気で私とスコア”◯◯◯切りを目指す情熱と熱意溢れるアマチュアゴルファーです!

本気のゴルファーのご応募お待ちしております!

この企画をみてちょっとでもこれなら上達できるかもしれないと思ったあなた!

私と共に◯◯◯切り目指しましょう。

数あるゴルフブログのなかであなたがここに辿り着き、そしてこの企画を最後まで読んでくださったご縁!これを大事にしたいです!

私もこの企画に全力を出し尽くす覚悟でサポートいたします!

今あるあなたのゴルフを私が100%変えてみせます! 何卒よろしくお願い申し上げます!

こちらにメールどしどしお待ちしております。

 ↓

お問い合わせ


YouTubeはじめました
“CHIAKI”

ゴルフの魅力を分かりやすく伝えるべく、YouTubeで動画配信する事にしました!

内容は【動画レッスン】【お悩み解決ドリル】【チャレンジ企画】【世界のゴルフ事情】などなどです!

ゴルフに関する質問、動画にして欲しい事、どしどしYouTubeコメントでもお待ちしております!

ゴルファーの皆様が楽しめてスキルアップ出来る動画作成してきますので何卒よろしくお願いいたします!

そして、どうか・・・

チャンネル登録をお願いいたします🙇‍♂️!

👇下の赤プッシュボタンを押しますとYouTubeページに飛びます👇

👇はらちん赤ちゃんのYouTubeチャンネルもよろしくお願いします👇

 

 

 

Contents

1  旗竿を立てたままパッティングできるようになります!

グリーンでパットする時に旗竿を立てたまま、パッティングすることができます。

もし、パットした球がホールに立てられている旗竿に当たっても罰はなく、球はあるがままにプレーします。(旗竿に当たってカップインした場合もホールインが認められます。

 

2  ペナルティーエリアではクラブを地面につけることができるようになります!

従来のルールではペナルティーエリアでは、クラブを地面につけることが禁止、ルースインペディメント(自然物)も取り除くことはできませんでしたが今回のルールではなんと、、、

ペナルティーエリアではクラブを地面につけることができる様になり、ルースインペディメントも取り除ける様になりました。

 

 

3  ボールの捜索時間が5分から3分に短縮!

 

打ったボールが見つからない場合、球を捜索する時間が従来は5分だったのが3分に短縮されます。

OB付近に打ったボールが見つからなくて諦めきれずにずーっと探す人いますよね。

これは遅延プレーにかなり影響するので潔く3分で諦めるようにしましょう。

4  距離計測機器の使用が可能になった!

 

以前は禁止だった距離計測機の使用が認められる様になりました。

打つ場所から目標までの2点間の距離を計測することができます

しかし、高性能ナビ機能でよくあるや高低差、風向きなどを計測できるナビは使用できません

 

5  ドロップの仕方が変わる!(膝の高さから)

今の規則ではドロップする際は肩の高さからドロップしています。

それが新しい規則では膝の高さからドロップすることとなります。

理由は救済エリアの範囲内にボールが止まりやすくなるということでした。

 

6 自身が打ったボールが自分に当たっても罰は無くなりました!

 

ストロークした球が偶然、自分またはキャディーに当たってしまった場合、罰はなくなりました。

従来は2打罰打課せられていました。

 

7  2度打ちをしてしまっても罰は無くなりました!

従来2度打ちは打った打数と、1罰打が課せられるルールでした。

しかし、今回のルール改正では、2度打ちをしたことに罰を課す必要がなくなりました。

2度打ちしたストロークを普段と同じ1打と数えることとなります!

 

8  各ゴルフクラブの委員会はプレーヤーがゴルフ精神に反する行為をした場合、罰を課すルールを作ることができる!

そのクラブを取り仕切る委員会はエチケットや、ゴルフの精神に反する行為をしたプレーヤーに失格以外の行動規範違反に関するプレーで1打、2打の罰を課す独自のルールを作ることができます。

9  5つのコースエリアの名称が変更される!

ティーインググラウンド  →  ティーイングエリア

スルーザグリーン     →  ジェネラルエリア

バンカー         →  変更なし

ウォーターハザード    →  ペナルティーエリア

パッティンググリーン   →  変更なし

 

 

10  プレーヤーがスタンスをとった後、キャディーが後方に立って方向の確認をすることができなくなりました!

プロツアーでしばし見かける、プレーヤーがスタンスを取った後にキャディーが後方に立ち目標物に対してスクエアかどうか確認している行為

これができなくなりました。

この行為をしてしまうと2打罰が課せられます

 

11  プレーヤーが救済を受けるときにマーカーに伝える必要は無くなりました!

今の規則では救済処置を受ける場合は各々のマーカーに確認のため告げる必要がありました。

が、、、その必要がなくなりました

各個人のゴルフに対する誠実さ信頼するというゴルフゲームの原則を尊重する様になりました。

 

12  救済を受けるときは、いつでも球を取り替えることができるようになりました!

 

今の規則では罰なしの救済(人工物があるためプレーできない状況 ←この場合罰なしの救済が受けれる)では球を取り替えることはできませんでした。

 

新しくなった規則では拾い上げたボールは罰あり罰なしに関係なく別の球に取り替えることができるようになりました。

 

13  バンカーのルースインペディメント(自然物) を罰なしに取り除くことができるようになります!

ボールがバンカー内にある場合、ルースインペディメント(自然物)は罰なしに取り除くことができる様になりました。

 

14  バンカーにいる場合2打罰を加えたらバンカー外にドロップできるようになりました!

バンカーが苦手というゴルファーに朗報です。

バンカーにボールがある時に、アンプレヤブルの追加の選択肢として、2打罰打を加えれば、球とホールを結ぶ線上でそのバンカーの後方の外側にドロップすることができる様になりました。

 

15ウォーターハザードはペナルティーエリアに変わり、対岸の処置を使うことができなくなります!

 

今のウォーターハザードは水域だけを設定できます。

新しいペナルティーエリアは、水域だけでなく委員会が1打の罰で救済を認めたい区域に設定することができます。

 

16 救済のエリアを計測するクラブはプレーヤーが持っているクラブの1番長いで計測しなければならない!

救済エリアで計測する場合の使用するクラブは、プレーヤーのキャディーバックに入っているクラブの中で最も長いクラブとなります。

ということは、状況によってクラブを変えて計測することはできなくなりました。

 

17 キャディーはパッティングリーンの球をマークして拾い上げることができる!

今の規則ではキャディーであってもプレーヤーの球を拾い上げる場合はその都度プレーヤーの確認が必要です。

新しい規則ではパッティンググリーンの球にキャディーがプレーヤーの確認を得なくてもキャディーはマークを拾い上げることができます。

 

18  パッティンググリーン上のプレーの線に触れただけでは罰は無くなりました。

パットをするときにそのプレーの線上のグリーン面に触れただけでは罰ではありません。(キャディーさんが狙い目を教えてくれるときなど)

しかしライを改善をしたという事実があれば、2打罰打となります。

19 パッティンググリーン上の損傷箇所を修復できるようになりました!

 

パッティンググリーンの損傷箇所(人、動物、乗り物などによって作られたもの)を修復することができます

例を言うと、プレー線上にあるスパイクマークを修復することができます。

しかし、自然に窪んでいるところを平らにすることはできません。

 

20 ボールが動いたことによる罰の免除(以下の3つ)

1 パッティンググリーン上で偶然に球を動かした場合

2 球を捜索しているときに自分の球を動かしてしまった場合

3 ルールに基づき、球をマークする、拾う、リプレースするときに球を動かしてしまった場合

 

ルール変更による感想・まとめ

 

大幅なルール改善でしたね!

これに驚いたゴルファーも多いはず。なんせ20箇所ですからね!

最近、世界的に見てもゴルフ人口が下がってきていて、なんとかしなければとついに重い腰をあげR&Aが動きましたね。

人口が下がってきている原因は①複雑なルール②プレー時間の長さ。これに目をつけたR&Aが手を打ったんだと思います。

この変更に対して僕は、ゴルフのプレーをする上でものすごく好影響を与えるのではないかと思います!

「ルールも簡単になり、プレー進行も大幅に早くなる!」

簡単にいうと、ルールに厳格に従うのではなく、その人のゴルファー精神が試されて、なおかつラフにプレーができる素敵なルール改正になりました。

 

 

当ブログ管理人厳選のおすすめゴルフショップ
“CHIAKI”
こんにちは!

私が厳選しておすすめする「Fairwaygolf」ショップはアメリカ直輸入店舗!(私も高校生時代から利用しています)

ここには他店にはない6つの強みがあります!

❶「国内未入荷モデル」

❷「US限定モデルのレアもの」 

❸「US限定のゴルフクラブ」 

❹「日本より安いモデル」

❺「日本より早期発売されるモデル」 

❻「カスタムクラブ」 

例えば、

や、

こんなものまで!!

 

日本のゴルフショップでは見たことないですよね?(しかも安い!!)




あなたの今まで見たことないゴルフグッズがここにあります!

ぜひ立ち寄ってご覧になってくださいまし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です