Sponsored Links

「グリップの握り方」はこれでバッチリ!簡単5つの手順!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

誰しもが初めてクラブを手にした時に迷うのが握り方です。
ゴルフは他のスポーツにはない独特な握り方をするからです。

そしてスイング中、手の中でクラブが緩まないようにしっかりとした正しい形で握らないと
グリップが緩んで、どんなに美しいスイングをしても、ボールに正しくヒットできなくなります。

昔のプロは正しいグリップを覚えるために
夜グリップを握った状態にしてテープで固定して眠ったと言うほど
グリップの握り方はゴルフにおいてとても重要です。

グリップは自分とクラブの唯一の接点となり、重要な要素です。
スイングに注視しすぎてグリップをおろそかにすると後で痛い目にあいます wW

 

チアキング直伝グリップ簡単5ステップ

 

1  左手の右下にあるぽっちゃり膨らんだ所から
左人差し指の第二関節にかかる様にグリップ
します。

 

2  握ったら右親指下のぽっちゃりした所とグリップに少しだけ空間ができます。
これが最大の味噌です。)オンプレーンの軌道に乗せやすくなります。

 

3  右手の指は第二関節を中心にして握ろう。

 

4  右手の生命線が、左親指の外側にぴったりくっつく様に右手を重ねる。

5  右手の人差し指は、トリガーの引き金を引く様な形でグリップにかける様にして握る、
また、人差し指と親指で軽くつまむ様にして少しだけ軽く触れる様に握る。
(つまむ様に触れる様に握ることで、グリップに力が入らない様にする)

完成

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です