Sponsored Links

当サイトについて

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

こんにちは!!
サイトに足を運んでいただきありがとうございます。

ゴルフコーチと整体師の二足のわらじで
奮闘しております「はらちん」こと
原田千彰と申します。

はじめに

今回私、はらちんがゴルフブログを立ち上げるに至った
動機は、自分自身3ヶ国海外ゴルフ留学生活を経験し、
各国、多種多様なスイング理論を持った
プロ、ティーチングプロからレッスンを受け、
その経験から日本と海外の
スイング理論の考え方の違いと
日本での間違った指導法、
固定概念に縛られた指導による
ゴルフ上達への遠回り
、理屈を知らないままに進む指導法に
違和感を感じ、
ゴルフをこれから始める人や
中級者、上級者のレベル別に合わせた
ドリルやレッスンを紹介
し、私が学んできた
理論理屈を余すことなく
配信し、あなたを必ず上達させます。

また、整体師として学んだ技術、知識を
ゴルフと組み合わせて
新しい情報発信をしていき、面白おかしく全てのゴルファーの皆様にわかりやすく、読みやすい記事を
書いていくので皆様どうか、、、

温かい目で見守ってください。

 

 

原因、理屈を詳しく教えてくれない指導法

私は中学2年からゴルフを始め、高校3年生までゴルフの練習場でレッスンを受けていました。

当時を振り返ると、コーチに言われたことをひたすら練習して、

“CHIAKI”
※正しいんですよ。正しいんだろうとは思いますが、、、なぜ正しいのかわからない

と不安を持ちながら、さらに新たな練習、練習、いつしか最初に言われたことはどこかに忘れ去られていました。

なぜか?

簡単に言うと、

なんでそのスイングが良くてあのスイングが悪いのか?

その動きをするとなんでダメなのか?

どうしてこんなミスが出るのか?

【?に対する説明(原因・理屈)が足りないから】です。

少なくとも日本で習った3人のコーチには、?を解決してくれる人はいませんでした。

例えば、「いまあなたはこうなっているから、ダメだ!こうしながらこうおろしてくるといいよ。」

押し付けのような「こう。こう。

 

当時のコーチは身振り手振りその正しい動きとされるものを繰り返し、僕に押し付ける。何度も見せる。

たまに、僕がグッドショットが打てたら、そのコーチが満足げな表情で、「そうそう。それそれその動きだよ!」

レッスン終了!また来週!

コーチの真似をして、身振り手振り体を使って「こう。こう。」と動きだけのレクチャーをされても来週には忘れてる。ノートを書いても忘れてる。

 

指導方法の違い

当時の僕は、そんなことわからなかったがそんな日々を繰り返しながら遠回りしながら身体能力だけで上達だけはしていった。

荒削りではあるがゴルフに自信をつけていた僕は、おぼこい憧れから、海外へ飛び立ち、ゴルフ修行をして海外や日本のプロツアーに出たいと夢見ていた。

その情熱から、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、渡り歩き、海外で多くのツアープロ、プロコーチ、ティーチングプロから教えを受けた。

コーチの中には、ダニーリー、フィル・ミケルソン、ジェイソンデイといったゴルファーを教えていた経験のあるコーチにも教えてもらった。

指導法は日本とは全く違うものだった。

まずはフィットネス、フィジカルを念頭に置いて体の各部位の使い方、詳しい体幹トレーニングから始まり、ゴルフ専用器具を使って体の動きを理解する。

終わったら練習場で打ち込む。そこでは、フィジカルを基に体がスイング中、体が正しく動いているかチェック。

練習終わりには動画でスイングをとってもらいコーチから指導される。そこではミスの原因である体の使い方を教えてもらい、うまくいく理屈、うまくいかない理屈を的確に教えてくれる。そして改善ドリルの宿題が出され、終了。

僕は日本とは比べものにならない充実したゴルフ修行を終えた。ゴルフ博士にでもなった気分だったWw

でも残念ながらツアープロにはなれず、諦め、日本でゴルフコーチになろうと決め、なれた!

また、整体師となり大勢の人を施術し、勉強していく中でゴルフスイングのセオリーに当てはめた筋肉の使い方をマスターすることができた。

しかし、自分はふと後悔することがあります。ツアープロになれなかったのは大抵、大半、自分の力不足が大半なのですが、言い訳ながら理屈のない練習で遠回りしてしまったと思うのも事実です。若い頃、ゴルフ上達に近道さしてくれるゴルフコーチがそばにいたら。。。と

そんなこんなで僕が目指すのは、
【ミスの原因、スイングの理屈。とそれにともなう筋肉と関節の使い方。】

いろんな理屈を理解して、そのための練習ドリルだったり、その動きをするためにはどんな筋肉の使い方が効果的なのか?みなさんに効率の良い上達の近道を提供します!

多くのゴルファーが闇雲にただ漠然と何も考えずに打っている!

まずなにを伝えたいのか?
それは、「多くのゴルファーがただ漠然と何も考えずに打っている人」を自分がレッスンをする中ですごく多いと思いました。

【ミスには原因があって原因を治すために正しい理屈、理論を頭で考え、体で体得する。】

それらを考えるから楽しいし、それがゴルフの醍醐味でもあります。

ゴルフというスポーツはラウンド中、刻々と変わる様々な状況であったりそれに合わせたスイングの変化、体の使い方の変化を自らの判断で瞬時に的確に判断して考えながら楽しむスポーツなのでただ闇雲に何千何万球打っても漠然と考えずに打っている人は、上達が望めないし、ゴルフというスポーツを愛せないと思います。

また基本スイングの構築という点で生徒が原因、理屈が分かってないのに、闇雲にその動きだけを教えようとするティーチングが多いのと、それにただ従って多くのボールを打って手のマメができたり、腰痛になったり、怪我をする人。「効率」が悪い悪い、なので、初心者は、「ゴルフは難しいと出鼻をくじかれてゴルフをやめて行く」人が多くてゴルフ人口が減って行く原因になってるんじゃないかなーなんて思ったりもします。

スイング中の体の使い方についても筋肉を意識して動かしたりすることでもっと上達の効率が良くなるのにただ漠然とした理屈の分かってない教えられた動きしかしない。

ゴルフはロジック的な要素がまず頭の中に入っていてそれを再現できる体の使い方であったり頭の使い方、対応力があって上達して行くし、深いゴルフができるようになるんです。

色々なコースに行って頭と体をリンクさせてコースに挑む!跳ね返されることもあるけどねじ伏せた時は感極まります。

全てのゴルファーにとって、
私のレッスンが一つでも役にったって
これから末長いゴルフ人生
健康に楽しく
ゴルフ理論、理屈を知って
より深いゴルフができるようになれば
幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です