Sponsored Links

ゴルフスイングによってかかるサイドスピン!持ち球に合ったゴルフクラブの選び方!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

はらちんはクラフトマンを目指し現在資料を取り寄せ勉強しています。

ゆくゆくはどこかのゴルフショップで修行してレッスン、クラブアドバイス&チューニングできる存在になりたいという目標を掲げております。

今回書いていくカテゴリの記事では、みなさんに自分にあったクラブを見つけることができるサポートをしたいというのと、クラブがゴルフボールに与える影響をもっと知っていただいて、クラブ博士になってもらい、ゴルフラウンドで迎える様々な局面を的確に対処していってほしいというのが理念です。ww

 

はじめに

ゴルフクラブはどんなボールを打ちたいかによって、選ぶクラブの形や性能が変わります。

それは初心者も上級者も同じです。

自分の目的、スイングに合わないモデルを選ぶと、上級者といえども思った様にボールがコントロールできなくなります。

人それぞれのスイングでは特有のかかりやすいスピンがある!?

自分はゴルフボールに与えるスピンが多いのか?少ないのか?

ボールスピンって大事!これがわかっていないと損します!

レディゴー^ー!

 

あなたはフェードヒッター?ドローヒッター?それによって選ぶクラブが変わる!

ボールに右回転がかかるフェードボール(スライス回転)を持ち球にしている人と、左回転のかかるドローボール(フック回転)を持ち球にしている人では、選んで良いモデルと悪いモデルがあります。
【フェードヒッター】

フェードボールを持ち球としている人はボールが右に飛びやすいインパクトでフェースが開いて当たる、スライスしやすいドライバーが合うと思っている人がいますが、それは間違っています。

フェードボールというのは狙った方向の左に打ち出してから右に曲がってくる球なので、ボールが右に飛び出しやすいモデルを使ったのでは右に押し出してからさらに右に曲がる(プッシュアウトスライス)という様なとてもコースでは狙いのきかない弾道になってしまいます。

フェードを持ち球にする人はボールが捕まり、ヘッドが返りやすくてネック軸周りの感性モーメントが小さい、やや小ぶりなドライバーがオススメです。

【ドローヒッター】

1度右に打ち出してから左に曲がるドローボールをコントロールするには、ボールをつかまりやすいクラブはとても危険で思った様にドローがかかった時には左に飛び出してからさらに左に曲がる様なOBの確率が高い弾道になってしまいます。

左に曲がるドローボールをコントロールするには、ドライバーならボールがつかまりすぎない、ネック軸回りの慣性モーメントが大きめでヘッドがゆっくりとターンする大きなヘッドのドライバーがオススメです。

要するにフェードもドローも、思った様にボールが曲げられなかった時と、思った以上に曲がってしまった場合を想定してミスショットに対する保険をかけられるモデルを選ぶことが大切なのです。

 

フェードヒッターに気おつけてほしいクラブ選び

フェードボールはボールのバックスピン量が多くなる球筋です。

ドローヒッターに比べて飛距離が出ないと言われるのはこのバックスピンが多いため、「空気抵抗に負けてしまいやすい&ランが出ない」があるからです。

なので、フェードボールのバックスピン量が少なくなる様なモデル選びをするとフェードヒッターは今よりも飛距離がでる可能性があります。

秘訣は、低重心!

【ギア効果】
フェース面上の重心(スイートスポット)の位置が低いものを低重心と呼びますが、重心が低くなると重心より上でボールが打ちやすくなります。

クラブは重心から外れたところにボールが当たると、その衝撃でヘッドが回転を起こしヘッドが回転する方向と逆方向の回転がボールにかかります。(ギア効果という)そうするとバックスピン量が少なくなります。

このことから、フェードヒッターが低重心になったドライバーで重心より少し上でボールを打つと、インパクトでヘッドは上向きに回転し、ボールにはヘッドと逆方向の回転を起こす力が働き、ボールにかかるバックスピン量が減少して今よりも飛ぶ弾道になりやすくなります。

 

 

 

ドローヒッターに気おつけてほしいクラブ選び

ドローボールはもともとバックスピン量が少ない球筋です。

低重心ドライバーでは逆にバックスピンが少なくなり、ボールが途中でドロップしてしまう可能性があるのでドローヒッターの人には低重心ドライバーはお勧めできません!

 

雨の日のプレーはスピン減少にご注意を!

競技ゴルファーやコンペなどで雨でもプレーする人はドライバーのスコアライン(フェース面にある溝)に注意が必要です

スコアラインにはフェース面とボールとの間に入った水を排出する効果があります。

スコアラインがないと、ボールとフェースの間に入った水のせいでボールにバックスピンがかからず、ボールがドロップして極端に飛ばなくなったり、フック系が持ち球の人は、ボールが右に飛び出して左に戻って来ずにそのままスライスしてしまう様ないわゆる「逆球」が出やすいです。

市販のドライバーの中にはフェース面の中央部分に溝がないデザインになったモデルが多くあります。↓

そういったモデルは低スピン化目的のドライバーで作られていますが、雨の日は雨で濡れた路面を、溝のないタイヤを履いた車で走るのと同じくらい怖いです。

スコアラインには気おつけましょう!

特にドローヒッターには気おつけてもらいたいですし、溝の入ったドライバーをオススメします!

最近ではこんなスコアラインのモデルが発売されました。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です