Sponsored Links

GGスイングか旧スイングどちらの理論があなたのゴルフに合っているかすぐ分かる方法!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

皆様、こんにちは!はらちんでございます!

今回のテーマは
「あなたのゴルフスイングは左軸のスイングタイプ?右軸のスイングタイプ?」です!

これがわかる方法をお伝えしていきます!

このテーマを動画で見るなら⬇️

今宵は様々なスイング論が無数にありますが、最新スイングをGGスイングとした場合、「軸移動、バンプ」に代表される理論を旧スイングとし、あなたの適正スイングはGGスイング?旧スイング?どちらなのかを伝えていきます!

早速、これが分かるテスト方法があるのでご紹介します。

まずはじめに無意識に腕組みをしてください。

左腕が上に来るゴルファーは、腕を組んだ時、すでに弱冠ですが左に重心がいっていて、左軸感覚が強い傾向があります。

逆に右腕が上にくる人は、普段から右軸感覚が強いと言えます。

腕組みとゴルフスイングは無関係に思われるかもしれませんが、無意識な腕組みはその人の軸感覚が表れています。

その人がもっている軸感覚はゴルフスイングに大きく影響します!

トッププロはほとんどの人が左腕上組みの左軸感覚で体を使っています。

あのタイガーウッズも時折見せる腕組みの際には左が上になっているのが分かります。

この腕組みの違いでゴルフスイングが変わってきます。

右軸感覚の人のスイングは、バックスイングで右足に体重を8割移動してダウンスイングからバンプを使って左サイドに体重移動させ、体軸を左右に大きく使いながらスイングします。

左軸感覚の人のスイングはバックスイングで、体重移動はほとんどなく左股関節に重心を置きながらスイングします!

バックスイング時には、右股関節をいれる様にヒップターンからダウンスイングではそれを左股関節に重心を回転させるようにスイングしていきます。

冒頭にも言ったのですがトッププロに、左軸感覚が多いのは、豊富な練習時間のなかで、無意識のうちに右への体重移動を抑えることでダウンスイングからインパクトに向かって体重移動を行えることを何万発も打つ練習の中から自然と学んでいるんです。

左軸感覚での動きは他のスポーツにおいても見られます。

テニスのサービスやバレーのサーブでは左軸に重心をおいてから、スムーズに動作に入ります。

また、左軸でスイングすることは、前の動画で話した、この右脳をうまく使えばゴルフはうまくなる、で左半身を使うことで右脳が活性化されゴルフ脳になることを左軸スイングになれば、自ずとできると言うことになります。

これを見ればあなたもゴルフ脳に⬇️

一石二鳥ですよね!

現代では色々な研究が進んでいて物理学や身体力学的に見ても左軸感覚で振ることが理にかなったゴルフスイングということが証明されてきています!

でも、どうやって今ある右軸スイングから、左軸スイングにするの?という疑問については、その動画でも話していますが普段の生活から意識的に左半身を使うということです。

歯磨きを左手でしたり、携帯電話の持つ手を左にしたり、なれてきたら箸を持ったりして徐々に左手で出来ることを増やしていきましょう。

そうすることで徐々に左軸感覚になり左軸スイングをしても違和感無く振ることが出来る様になります。

YouTubeはじめました
“CHIAKI”

ゴルフの魅力を分かりやすく伝えるべく、YouTubeで動画配信する事にしました!

内容は【動画レッスン】【お悩み解決ドリル】【チャレンジ企画】【世界のゴルフ事情】などなどです!

ゴルフに関する質問、動画にして欲しい事、どしどしYouTubeコメントでもお待ちしております!

ゴルファーの皆様が楽しめてスキルアップ出来る動画作成してきますので何卒よろしくお願いいたします!

そして、どうか・・・

チャンネル登録をお願いいたします🙇‍♂️!

👇下の赤プッシュボタンを押しますとYouTubeページに飛びます👇

👇はらちん赤ちゃんのYouTubeチャンネルもよろしくお願いします👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です