Sponsored Links

ゴルフは紳士のスポーツ!恥をかかないゴルフマナーの”本質”をプロが教えます。

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

ゴルフマナーについて

 

ゴルフは他のスポーツに比べ非常にマナーに厳格です。

それはゴルフは元々、 イギリスのスコットランドで始まった上流階級の人達(貴族)の遊びで、服装=ゴルフの象徴だったのです。

 

ゴルフが始まった当時のイギリスのスチュワート王家がマナーの原点となる言葉を残しています。

相手に敬意を払い、周囲に不快感を与えない服装こそ、「作法」の第一と知るべし。

服装は自分のために非ず、相手に対する衷心からの礼儀なりというものです。

自分の個性をさしおいてプレーを共にする同伴者に最大の敬意を払ってゴルフをこうじる、 イギリスの当時の厳格で他人をリスペクトし合う国民性、歴史を感じますね。

これがゴルフの原点とするなれば、立ち止まって私たちが今、ゴルフ場でとっている行動、態度、他人への配慮はどうでしょうか?

ゴルフというスポーツを見つめ直すいい機会だし、恥ずかしくても一回やってみましょう(僕もやってみます)

その先に何かゴルフの神様が導いてくれる新たな楽しみの光があるかもしれないし、、、

しっかしホントに、このマナーの原点となる言葉がこうして何逆年も後世に受け継がれているってすごいことですよね。

本当にゴルフは奥が深くてミステリー wW

プレーする上においても、いっくら上級者でもマナーがしっかりしていないとその人のゴルファーの価値が下がってしまいますし、ラウンドを共にした仲間にもうこの人とは二度と回りたくないと思われてしまいます。

逆にどんなに下手でもゴルフマナーさえしっかりとしてればどんなレベルの人とでも回れるし、人間として出来た人なんだと思われ、慕われます。

ゴルフを介しかけがえのない友人や、恋人、ビジネスパートナーだって見つかるかもしれません。

 

総括

最初はマナーなんてかったるいし、自由に楽しみたい、と思いの方もいるかもしれませんが人間の元にある人に対する気遣いや心配りの延長がマナーだと私は思います。

私もゴルフを始めた当初はプレーだけに没頭し周りが見えておらず、スロープレーや他のプレーヤーのショット中に私語などをして、祖父や祖父の友達によく叱られました。

しかし、今思うと感謝です。

なかなかマナーを教えてくれる人が周りがいなかったり同級生や仲間と始めた場合はマナーなんてそっちのけになりがちです。

ですので、今回私が一肌ぬいてゴルフのマナーを丁寧に教えていきますのでお付き合いくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です