Sponsored Links

ゴルフ練習場での打席選びに2つの上達法が隠されていた!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

練習場についたら何となく空いている打席を選び練習する。

何とこの打席の選び方にも上達を阻むであろう要素があるのです。

ぜひ参考にしてください。

1階から練習すると練習場の構造上、若干の打ち上げになるので無意識にヘッドアップしやすい状態で練習することになるのですくい打ちあおり打ちなどの様々なミスを誘発する動き、悪い癖がつく可能性があるためです。

ヘッドアップはあおり打ちになりやすく様々なミスを誘発してしまいます。

練習場の打席は必ず真ん中より左側を選ぼう!!

打席を真ん中よりも左側を選ぶ理由はゴルフスイングを作って行く際にはスイング中ゴルフボールに当たるまでは体を目標方向に開かないゴルフスイングが目標だからです。


ゴルフを始めてまもなくして体の開く右打席で練習していると悪い癖がついてしまいます!

真ん中よりも右側の打席で練習するとターゲットが中央にあるため無意識に体が開いていきます。

ゴルフを始めて間もなくして自然と体の開く右打席で練習し続けると反復練習によって悪い癖がついてしまい、それを直すのにその倍の練習が必要になるので必ず真ん中よりも左側で練習してください。

練習場マットは真っ直ぐに向いているのでなおさら上体だけが開いていきます。

上体を開いた状態でスイングすると簡単に言うと、、、ボールに力の伝達がうまくいきません。

卓球やテニスでいうカット打ち的なボールを切るゴルフスイングになってしまいます。

ゴルフではカットスイングはスピンをかけたい時や、スライスを意図的に打つ時、 ラフから打つときなどの練習にしますが、上達の妨げになりますし、飛距離が出ないということを 覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です