Sponsored Links

ゴルフという未知との遭遇!ゴルフという素晴らしきスポーツに出会えた俺は幸せ者だ!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

ゴルファーの皆様お手柔らかにお願いいたします。

手始めに長くなりますが私のプロフィールを聞いてください。

ゴルフを始めたきっかけ

私は小学生から野球にのめり込み筋トレやピッチング練習の毎日でした。

いつかはプロ野球選手を夢見ていましたが、小学生には過度の練習だった為、肘とアキレス腱の怪我を発症してしまい、野球のできない毎日に中学生ながら自暴自棄になっていました。

そんな中、今わ亡き祖父がゴルフの練習に連れていってくれました。

そこで祖父のクラブを借りて打ってみるとこれが当たらない当たらない!!

しかし空振りを何回か繰り返したあと、奇跡的に快芯の当たりが来ました。

高い放物線で少し右にスライスしながら飛んでいったのを今でも覚えています!

自暴自棄だった毎日の闇に光が差した瞬間でした!

そこからゴルフ熱が上がり、祖父に毎日と言っていいほど練習場に連れて行ってもらいました。

そして祖父がゴルフの試合があるから一緒に見ようというので初めてテレビでゴルフを観戦しました。

忘れもしない2002年の全英オープンです。

そうあのマルちゃんが一打差で惜しくもプレーオフへ行けなかった惜しかったメジャーです。

これでは優勝したエルスにも感動したのですが、ちっちゃいマルちゃんでもでっかい外人の中で活躍してる姿と最終日ベストスコアを出したタイガーのプレーがなんどもハイライトされていてこれまでゴルフがおじいちゃんおばあちゃんのスポーツだと思っていたのがこんなかっこいい絵になるヒーローがゴルフ界にもおるんだとワクワクしたのを覚えています。

それからわ もうタイガーのトリコ!!

当時はタイガーウッズの全盛期末で2006年の16番のチップインバーディーはテレビの生中継で見てもらい泣きしました。

タイガーオタクでしたね完全にWw

まず、タイガーのルーティーンやスイングガッツポーズなどを真似たりして祖父からの指導とは別にタイガーの我流で真似ばかりして上達していきました。

タイガーのいろんな情報も更新予定なので期待してくださいね。

高校生には県の強化指定選手にも選ばれ、全国大会にも2回ほど出場することができました。

そして高校卒業間近の18歳の進路決定の際に大きな決断をしました。

「海外へ行こう」と。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です