Sponsored Links

リッキーファウラー スイング ドライバー特徴をプロゴルフコーチが分析!クラブセッティングはコブラで統一!動画や彼女についても!

“CHIAKI”
こんにちは!

ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

どもーす!

はらちんでっす。

今回は超人気ゴルファー「リッキー・ファウラー」のスイング分析を誠に勝手ながらしていきます。

身長は175センチ、70キログラムと大柄な男達が集うPGAツアーではかなり小柄な体格です。

体幹トレーニングはしてるんだろうけど、筋肉質の体ではない(ただし柔軟性は最強)

しかし、PGAツアーの平均飛距離部門では、ランキング上位に入る飛ばし屋です。

平均飛距離300ヤードは常に超えています。

スイング分析を進めていくと、リッキーの小さな体格でかっ飛ばすたくさんのスイングでの工夫が詰め込められていました。

それではリッキーのスイング解析  レディゴー!

緊急告知!!スコア”100”を切れないあなたへ!!
“CHIAKI”
こんにちは!はらちんです!

突然ですがスコア100切りを目指すゴルファーを緊急募集いたします!

募集人数は3名!しかも料金は今だけ無料!あなたは完全にリスクなしです!

詳しいサポート体制については下記の画像をクリックしていただければ募集ページに飛びます!

下記の画像をクリック ↓↓↓

 

 

私が募集したいのは本気で私とスコア”100”切りを目指す情熱と熱意溢れるアマチュアゴルファーです!

本気のゴルファーのご応募お待ちしております!

この企画をみてちょっとでもこれなら上達できるかもしれないと思ったあなた!

私と共に100切り目指しましょう。

数あるゴルフブログのなかであなたがここに辿り着き、そしてこの企画を最後まで読んでくださったご縁!これを大事にしたいです!

私もこの企画に全力を出し尽くす覚悟でサポートいたします!

今あるあなたのゴルフを私が100%変えてみせます!

何卒よろしくお願い申し上げます!

こちらにメールどしどしお待ちしております。 ↓

お問い合わせ

YouTubeはじめました
“CHIAKI”

ゴルフの魅力を分かりやすく伝えるべく、YouTubeで動画配信する事にしました!

内容は【動画レッスン】【お悩み解決ドリル】【チャレンジ企画】【世界のゴルフ事情】などなどです!

ゴルフに関する質問、動画にして欲しい事、どしどしYouTubeコメントでもお待ちしております!

ゴルファーの皆様が楽しめてスキルアップ出来る動画作成してきますので何卒よろしくお願いいたします!

そして、どうか・・・

チャンネル登録をお願いいたします🙇‍♂️!

👇下の赤プッシュボタンを押しますとYouTubeページに飛びます👇

👇はらちん赤ちゃんのYouTubeチャンネルもよろしくお願いします👇

リッキーファウラーって誰?  ↓

リッキーファウラー

2017年10月10日

 

リッキーファウラー スイング動画

まず動画でスイングを見てみましょう ↓

 

 

リッキーファウラーのライバル達のスイング解析もしてるよ!  ↓

松山英樹 スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた!スイング動画や飛距離についても!

2018年1月7日

ジョーダンスピース スイング ドライバー 解析!クラブやシャフト,動画や飛距離についても!フォローの左肘について考えます!

2018年1月4日

ダスティンジョンソンドライバースイング解析!飛距離を出す秘密は手首にあった!クラブセッティングやシャフトについても!

2018年1月3日

よかったらみてね!





アドレス

【体の軸を傾けて体重配分もすでに右足に6〜7割かけている】

アドレスで先にバックスイングの形を想定して作っておくことで軸移動のブレが少なくなり、スムーズにバックスイングできる。

(アイアンは上手く打てるけどドライバーが全然ダメ。球が上がらないしスライスばかりという人は絶対に試す価値あり)

アッパースイングしたいアドレスであるといえる。

【ハンドレートな構え】

アドレスで手元よりもヘッドが先行している。(ハンドレート)

振り遅れないようにヘッドを加速させ、アッパーに払い打ちたい意図が見える。

【右足左足のつま先を開いて8の字アドレス】

アドレスで右足つま先を開くことで体の捻転がしやすくなる。(上体が120〜130度回転している大きな要素)

体が硬くバックスイングが浅くなってきたというゴルファーにおすすめ

 

【左手はストロンググリップ】

グリップは左手はかなりストロンググリップで、右手はスクエアグリップ。

最近PGAの選手のグリップを見ると左手ストロング、右手はスクエアの選手が多い。

現代のクラブではクラブの芯の重心が下がってきているので(低重心化)打ち込む(ダウンブロー)よりもスウィープ(払い打ち)にうつスイングが合っている。

そのためにはグリップをストロンググリップにしてボールを横から横に払い打つ感覚が欲しい。

テークバック

 

【すでにバックスイングの体重移動が完了している】

第五胸椎がすでに右足の土踏まずの上を通り過ぎており非常に早い段階で右足にウェートシフト完了している。

アドレスでバックスイングの形を再現しているので非常にスムージーな効率の良いテークバックとなっている。

 

【クラブヘッドの遠心力を最大限に使っている】

コックも少なめで、肩や背中大きな筋肉でクラブが低く長く大きな円弧を描くようにテークバックしている。

回転力よりも遠心力で飛ばすタイプだとわかる。

ヘッドが離れれば離れるほど遠心力が増して飛ぶ。これを理解した上でのバックスイングの工程

 

ハーフウェイバック

 

【コックは手元が右胸を通過したところから】

ここにきて手首に角度を作りコックを作ろうとしている。

 

ヘッドが体とかなり遠いポジションにある遠心力を最大限生かしたいスイング。

 

 

バックスイング

 

 

【バックスイングでの上体の捻転が120〜130度】

驚くべきことに120〜130度上体が捻転している。

(捻転の深さはリッキーが世界一ではないかと思う!)

人間の体は実際のところは肩が90度以上捻転しているように見えても、本当は40〜45度しか上体は捻転できないのですが、(股関節や腰、肩甲骨、第5胸椎の可動域や動きで90度以上上体が捻転しているように見える)

ですがリッキーの下半身を見ると状態の捻転に対してあまりにもおとなしく、考えるにリッキーは肩関節の可動域が以上に広く、ゴルフに特化したどこか特異体質をしていると思う。

上半身と下半身の捻転差がえげつない。

【右膝でしっかりと上体の捻転を受け止めている】

 

下半身を見ると、右ひざあたりと右股関節にシワができており上体の捻転をしっかり受け止めている。

ダウンスイング

 

【打ち急ぐことがないダウンスイング】

体は閉じ、右足体重のまま、かなりのインサイドからクラブが入ってくる。

普通の選手よりも深いバックスイングなので体が開きづらく「打ち急ぎ」のミスも少なくクラブが惰性で降りてくるのでショットが安定する。

 

 

【ガニ股シッティングダウン】

両膝をガニ股に開いてダウンスイングの体重移動(シッティングダウンをしている(お尻が椅子に腰掛けるようなダウンスイングのこと)

 

ハーフウェイダウンスイング

 

【体が開いていない&低く長いテークバックによってすごい低い】

体が開いていない&低く長いテークバックによって、ダウンスイングではヘッドがかなり低く、長い円軌道で振れている。すごい!

右足もしくは中央に体の軸を置いたまま両膝へのガニ股シッティングダウンでアッパーブローだけども低く長いヘッドの動きができているスイングで現代のクラブにはベストマッチのスイングではないだろうか?

リッキーには左足への体重移動(バンプ)という動きの概念がないのか?

自己流はオリジナリティーがあって見ていて面白い。

 

 

 

インパクト

 

【右足がつっかえ棒、パワーを最大限伝えられているインパクト】

右腰がまだ正面を向き、右足が置いてけぼりになっている。

右足が置いてけぼりになっていることでフトコロが大きくなりインパクトの再現性が高まる!

ボールストライキング率(ミート率)はかなり高い。

↑ は悪い例!右サイドが回転し、クラブの通り道がなくなり、手元が前に浮き、ミスショットを誘発しやすいスイングになってしまう。

 

【グリップが喧嘩している】

アドレスでも見えた喧嘩したグリップ。

本来は左グリップに合わせた右手グリップであるのがセオリーですがリッキーはグリップが左手がかなりストロンググリップなのに対し、右手がスクエアグリップになっている。

その証拠にリッキー側から見て左ひじが右を向き、右肘が空を向いている。

セオリーは両手の向きが合わさるように握る ↓

 

フォロースルー

 

 


【ビハインドザボールを強烈に意識した遠心力の強いフォロースルー】

右軸でなおかつ頭をかなり残したフォロースルー。

頭を残すことによってヘッドの遠心力が強くなり、よりヘッドが加速します

よって遠心力が強くなることによって爆発的な飛距離が出ます。

こりゃ飛びますわWw

 

 

 

 

フィニッシュ

 

スイングプレーンに沿って正しい振り方をすれば、右肩と右肘の角度が90度あるがそれができている。

左足がめくれ上がっているが、アドレスですでにかかと足体重なので問題ないが、マキロイのように下半身をもっと鍛えて柔軟性もアップできれば世界トップランカーになる選手だと思う。

 

アドレス(後方)

【ハンドレートな構え】

左つま先線上にボールがセットされています。

インパクトでヘッドが手元よりも先行させたいイメージを持っている。

振り遅れスライス解消!

 

 

テークバック(後方)

【ヘッドをまっすぐ上げ、フェースはシャットにテークバック】

クラブをアドレスでのシャフトの角度通りにまっすぐテークバックしています。

左グローブのバックル(ゴムどめ)が下を向いたままフェースはシャット。

ビジネスゾーンである時計盤でいう3時から9時アドレスでのポスチャー(姿勢)を崩したくないんですね。

 

ハーフウェイバック(後方)

【フラットループハーフウェイバック(飛ばしのループスイング)】

他の選手と比べるとかなりフラットなハーフウェイバックをしている。

オンプレーン場をクラブヘッドが通ると、ハーフウェイバックの際は、シャフトが右肩口の少し下に位置するのが普通。

ですが前傾角度(黄色線)と、シャフト角度(赤色線)が直角に交わっているのでこれはこれでOK!

アドレスでまっすぐシャットにあげておきながら、ハーフウェイバックではかなりフラットなプレーンに来ている。ということは、かなりのループスイングであることがわかる。

このループスイングもリッキーの飛ばしの要素に大きく関わっているところです。

 

 

 

 

 

バックスイング(後方)

【肩の捻転130度の謎が明らかに
インサイドにクラブを引くことによって肩の可動域が広がり、スムーズに捻転が深いバックスイングができる。

 

ダウンスイング(後方)

ハーフウェイダウン(後方)

左足がほとんど見えないということは右足が置いてけぼりになっていることでフトコロが大きくなりインパクトの再現性が高まる!

ボールストライキング率(ミート率)はかなり高い。

↑ は悪い例!右サイドが回転し、クラブの通り道がなくなり、手元が前に浮き、ミスショットを誘発しやすいスイングになってしまう。

 

 

インパクト(後方)

 

 

 

フォロー(後方)

 

 

 

フィニッシュ(後方)

 

 

 

 

まとめ

一見、リッキーのスイングは変則スイングに見えますが、理にかなった素晴らしいスイングです。

今宵、ツアーでは飛ばしたもん勝ちの(そうではないですが・・・)大柄なPGA選手の中でリッキーの小柄な体格をカバーする体の柔軟性と遠心力をうまく使った効率的な独自の工夫あるスイングでした。

飛ばしの要素は主にループスイングとダウンからインパクトにかけての左股関節を切り上げ、右足をつっかえ棒にして体の正面で捉えるインパクトでしたね。

本当に効率がいい! 背丈のない人や筋力が少ない人でも十分に飛ばすことのできる工夫でした。

このスイングを見て体格差を埋めるリッキーなりのスイングアレンジを見て、真似したいなと思える部分もあったのではないでしょうか?

一般の人が真似するにはかなりの柔軟性と、関節の可動域の広さが求められますがものは試しです。真似できるところは真似していきましょう。

 

リッキーファウラー クラブセッティング

モデル名 シャフト
ドライバー コブラ   King F8+ Nardo ロフト角  8度 アルディラ NV 2KXV Blue 70X
3W コブラ  King F8+ ロフト角 13度 アルディラ Synergy 70X
5W コブラ King F8+ Baffler ロフト角 17.5度 アルディラ Synergy 70X
アイアン コブラ King Forged MB(4I-pw) KBSツアー  C-Taper  S+ 125
ウェッジ コブラ  King V-Grind ロフト角 52度.56度.60度 KBSツアー  C-Taper  S+ 125
パター スコッティキャメロン ニューポート2 プロト スチール
ボール タイトリスト プロV1X

当ブログ管理人厳選のおすすめゴルフショップ
“CHIAKI”
こんにちは!

私が厳選しておすすめする「Fairwaygolf」ショップはアメリカ直輸入店舗!(私も高校生時代から利用しています)

ここには他店にはない6つの強みがあります!

❶「国内未入荷モデル」

❷「US限定モデルのレアもの」 

❸「US限定のゴルフクラブ」 

❹「日本より安いモデル」

❺「日本より早期発売されるモデル」 

❻「カスタムクラブ」 

例えば、

や、

こんなものまで!!

日本のゴルフショップでは見たことないですよね?(しかも安い!!)




あなたの今まで見たことないゴルフグッズがここにあります!

ぜひ立ち寄ってご覧になってくださいまし!

↓【スポンサー様 サイト】 ↓ (クリックするとサイトへ飛びます)













リッキーファウラーって誰?  ↓

リッキーファウラー

2017年10月10日

現在の世界ランキング1〜10位までのスイング解析してます。よかったら見てね  ↓

世界ランキング1位 ↓

ダスティンジョンソンドライバースイング解析!飛距離を出す秘密は手首にあった!クラブセッティングやシャフトについても!

2018年1月3日
世界ランキング2位↓

ジョンラーム スイング ドライバー 解析 をプロゴルフコーチがしてみた!クラブセッティングや飛距離,グリップ、スイング動画についても!

2018年1月5日
世界ランキング3位 ↓

ジョーダンスピース スイング ドライバー 解析!クラブやシャフト,動画や飛距離についても!フォローの左肘について考えます!

2018年1月4日
世界ランキング4位↓

ジャスティントーマス スイング ドライバー 解析!クラブやシャフト,動画や飛距離についても!

2018年1月11日
世界ランキング5位↓

松山英樹 スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた!スイング動画や飛距離についても!

2018年1月7日
世界ランキング6位↓

ジャスティンローズ スイング ドライバー 解析!クラブやシャフト,スイング動画や飛距離についても!

2018年1月13日
世界ランキング7位↓

リッキーファウラー スイング ドライバー特徴をプロゴルフコーチが分析!クラブセッティングはコブラで統一!動画や彼女についても!

2017年10月13日
世界ランキング8位↓

ブルックスケプカ スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた。クラブセッティングやシャフト,スイング動画や飛距離についても!

2018年1月6日
世界ランキング9位↓

セルヒオガルシアのスイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた!クラブセッティングやシャフト,飛距離についても!

2017年9月1日
世界ランキング10位↓

ヘンリックステンソン スイング ドライバー 解析 プロゴルフコーチがしてみた!スイング動画や飛距離についても!

2018年1月14日
世界ランキング11位↓

ロリーマキロイ スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた!クラブセッティングやシャフト,飛距離についても!

2018年1月20日
世界ランキング12位↓

トミーフリートウッド スイング ドライバー 解析をプロゴルフコーチがしてみた!クラブセッティングやシャフト,動画なども!

2018年1月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です