Sponsored Links

ドライバーアイアンで飛距離が出ない人のクラブの選び方!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

はらちんはクラフトマンを目指し現在資料を取り寄せ勉強しています。

ゆくゆくはどこかのゴルフショップで修行してレッスン、クラブアドバイス&チューニングできる存在になりたいという目標を掲げております。

今回書いていくカテゴリの記事では、みなさんに自分にあったクラブを見つけることができるサポートをしたいというのと、クラブがゴルフボールに与える影響をもっと知っていただいて、クラブ博士になってもらい、ゴルフラウンドで迎える様々な局面を的確に対処していってほしいというのが理念です。ww

はじめに

ゴルフは年をどれだけ重ねてもできる生涯スポーツで、僕の生徒さんでも70歳80歳の高齢で元気なシニアゴルファーはたくさんいます。

そのシニアゴルファーの皆さんが必ずであろう抱えている悩みがあります。

それが年齢とともにボールが飛ばなくなるという悩み!

年を重ねるごとに筋力、柔軟性が低下してボールが飛ばなくなるのは、仕方がないのですが、少しでも飛距離をとりもどしたいと願うシニアゴルファーや、なにをどうしたって飛ばないゴルファーは、今回紹介するクラブ選びを参考にしていただけたら、必ず飛距離がアップして、ゴルフがまた楽しくなってくると思います。

それではレディ〜^^ゴー!

飛ばない理由は、ヘッドスピード不足によるバックスピン不足だと考えられる!

飛距離が出ないゴルファー最大の原因はヘッドスピード不足によるバックスピン不足です。

十分なバックスピンがかからないとボールは上がりきらずに途中で急激に真下に落ちるいわゆるドロップボールになり、キャリーが出ずに飛距離が出ません。雨だと顕著です。

よくご高齢のゴルファーや女性で飛ばないけれども曲がらない!という自慢するゴルファーもいますが、これはバックスピンもかからないドロップボールでは、ボールを曲げる原因となる横方向の回転(サイドスピン)もかかりません。

なのでボールが曲がらないのです。

ドライバーの飛距離が160〜170ヤードくらいのゴルファーはボールのバックスピンが増えるようなドライバー選びが必要です。

クラブのロフト角を増やしてバックスピン量アップ!

クラブでバックスピンを増やすにはまずロフト角を増やす事です。

ドライバーの飛距離が160〜170ヤード以下のゴルファーなら、最低でもヘッドに表示されているロフト角が12度以上ほしいです。

ご高齢、女性ゴルファーで飛ばないことが悩みならドライバーは表示ロフト13度〜15度くらいを目安に選んでください。

非力で飛ばないというゴルファーはまず、ボールの弾道を高くすることが飛距離アップに直結します。

 

 

 

長尺ドライバーでヘッドスピードを上げてバックスピン量アップ!

シャフトは通常販売されている適正の長さは45インチから46インチですが、ルール上は48インチまで長くできます。

シャフトを1インチ長くするとヘッドスピードが1m〜2m上がります。

ヘッドスピードが1m早くなると5ヤード飛距離が伸びると言われています。

そうすると、単純計算で5ヤードから15ヤードは飛距離が伸びる計算になります。

バックスピン量も増すため、もしクラブを変えたことを加味すると、それ以上の期待値の飛距離が生まれるとおもいます!

 

アイアンはストロングロフトより、ソール幅の広い重心が低いモデルのアイアンで飛距離アップ!

ヘッドスピードが遅いとアイアンもバックスピンが不足してボールは上がりきらず、飛びません!

最近市販されているアイアンの多くが、5番のロフト角が7番という具合にロフトを立てたストロングロフト仕様が主流になってきています。

非力でヘッドスピードのない人が、ロフトがたったアイアンを使っては、さらにボールが上がりにくく、スピンも減るため、より飛ばなくなります。

そこでオススメしたいのが、ソールの幅が他のアイアンと比べ格段に広い、全番手ユーティリティーアイアン型です! ↓

 

ソールの幅が一般のアイアンに比べて広いモデルは、フェース面からヘッドの重心が離れて重心が深くなっているので、インパクトでロフトが大きくなるといった効果があります。

そうすると、ロフト以上にボールが上がりやすく、キャリーを出しやすくなるので、ボールが上がらないために飛ばない非力な人にとっては飛距離アップする可能性が大です。

アイアンで重心を低くするにはソールの幅を広くする設計方法なので、ソールの幅が広いアイアンほど、ボールが上がりやすくなると考えてください。

ご高齢、または女性で「飛ばない」ということからゴルフが楽しくない。というゴルファーは、まずは、ドライバーもアイアンもボールの上がりやすいクラブを選ぶことが大切です。

 

 

 

 

2 件のコメント

    • 相澤 様

      返信遅れまして申し訳ないです。
      メッセージありがとうございます。
      飛距離不足にお悩みですか?
      お助けになれると思いますので
      また気軽になんでも些細なことでも全然大丈夫ですのでご質問くださいませ。
      今後ともよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です