Sponsored Links

ゴルフスイングにおいて体幹とは一体何?効果や鍛え方、体幹で打てる打ち方を解説!

“CHIAKI”
こんにちは!
ゴルフ講師と整体師を仕事にしてます。原田千彰と申します。NZ,米、豪、三ヶ国のゴルフ留学経験と、有名コーチに習いゴルフを学び、対面での指導に限界を感じ、より多くの人に、自身のゴルフ上達論をお伝えする為に情報発信しています。

 

現代のスポーツ界では、腕や足の筋肉を鍛えて腕力や、脚力をつけるよりも、まず第一に「体幹」を鍛えることを重要視しています。

サッカー日本代表、長友選手が書いた体幹トレーニング本など、体幹をうたった本を多く見かけます。

でも「体幹ってなに?」ってと思う人がほとんどではないでしょうか?

今回は体幹について詳しく説明してゴルフにどのような影響を及ぼすのか解説していきます。

緊急告知!!スコア”○◯○”を切れないあなたへ!!
“CHIAKI”
こんにちは!はらちんです! 突然ですがスコア◯◯◯切りを目指すゴルファーを緊急募集いたします! 募集人数は3名!しかも料金は今だけ無料!あなたは完全にリスクなしです! 詳しいサポート体制については下記の画像をクリックしていただければ募集ページに飛びます!

下記の画像をクリック ↓↓↓     私が募集したいのは本気で私とスコア”◯◯◯切りを目指す情熱と熱意溢れるアマチュアゴルファーです!

本気のゴルファーのご応募お待ちしております!

この企画をみてちょっとでもこれなら上達できるかもしれないと思ったあなた!

私と共に◯◯◯切り目指しましょう。

数あるゴルフブログのなかであなたがここに辿り着き、そしてこの企画を最後まで読んでくださったご縁!これを大事にしたいです!

私もこの企画に全力を出し尽くす覚悟でサポートいたします!

今あるあなたのゴルフを私が100%変えてみせます! 何卒よろしくお願い申し上げます!

こちらにメールどしどしお待ちしております。
 ↓

お問い合わせ


YouTubeはじめました
“CHIAKI”

ゴルフの魅力を分かりやすく伝えるべく、YouTubeで動画配信する事にしました!

内容は【動画レッスン】【お悩み解決ドリル】【チャレンジ企画】【世界のゴルフ事情】などなどです!

ゴルフに関する質問、動画にして欲しい事、どしどしYouTubeコメントでもお待ちしております!

ゴルファーの皆様が楽しめてスキルアップ出来る動画作成してきますので何卒よろしくお願いいたします!

そして、どうか・・・

チャンネル登録をお願いいたします🙇‍♂️!

👇下の赤プッシュボタンを押しますとYouTubeページに飛びます👇

👇はらちん赤ちゃんのYouTubeチャンネルもよろしくお願いします👇

体幹とは?

体幹とは、文字どおり、「体の幹」。

体の中心となる、胴体部分のことを指します。

これは解剖学的には「脊柱を中心として胴体を支える筋群」のことを指して英語では「コアマッスル」と言います。

胴体の筋肉とはいえ腕やお尻の筋肉周辺は体幹の筋肉とは違います。

また、もっと言うと体幹の筋肉は、大胸筋や、広背筋、大腿直筋や、大殿筋といった手足を動かしたり、止めたりする所とは関連せず、脊柱と骨盤で完結している筋肉のことです。

 

さてその脊柱と骨盤で完結している筋肉は、主となる筋肉は脊柱を支える4つの筋肉があります。

脊柱を前から支える「腹直筋」

脊柱を後ろから支える「脊柱起立筋」

体幹を横から支える「外腹斜筋」

外腹斜筋の深層のうちから支える「内腹斜筋」

この4つの筋肉が、体幹の主となる筋肉です。

この筋肉たちが拮抗的に働くことで体幹を固定して安定させている。

腕や足など、体でいえばいわば、枝の部分をいくら鍛えてもこの体幹がしっかり安定した状態じゃないとぶれてしまい、効果がありません。

 

 

体幹を鍛えることで四肢の動作がスムーズになる

腕や足を動かす時の四肢の動作は、体幹の筋肉が先行して活動することが研究で明らかになりました。

と言うことは体幹を支える筋肉群を強化することで四肢の筋活動のパフォーマンスが上がると言うことです。

外見だけ筋肉がしっかりついている(アウターマッスル)マッチョな人でも、意外と力が弱い人って周りにいませんか?

それは外見ボディーだけ鍛えて中の筋活動でまず先行して動く体幹が弱い人です。

アウターマッスルがあって体幹が弱い人は体幹を鍛えれば、今よりも数倍のパフォーマンスが見込めます。

要するに体幹を鍛えないと、いくら腕力、脚力を鍛えても体幹が弱ければ、せっかく鍛えた筋力をうまく活かせないのです。

体幹をしっかり鍛えれば、ヘッドスピードが上がり、スイングも格段に安定し飛距離アップなどゴルフパフォーマンスも上がってきます。

ゴルフのためにトレーニングジムなどに通っている人は、まずは体幹の4つの筋肉を鍛えることができるマシンを少しでもいいのでしてください。

 

体幹を鍛えればケガもしにくい丈夫な体に

 

例えば、ゴルファーにとっては大敵の「腰痛」

これも体幹を鍛えることで、脊柱を支える筋肉群が腰に対して天然のコルセットの役割を果たすので腰痛にはなりにくい丈夫な体を手に入れることができます。

また、脊柱を支える大きな筋肉群を鍛えると基礎代謝も上がるので、健康的なダイエット法にもなります。

「ヨガ」などはまさに体幹を鍛える動作の典型的な運動。

他にもゴルフプレーの際に支障が出てくる4つの症状と改善点を大まかに説明します  ↓

肩こりゴルファー

ー問題点ー

肩こりゴルファーはトップで十分な捻転ができず、インパクトで体が開き、スライスに悩みます。

ー解決法ー

肩こりは、一般的に猫背の姿勢からくる肩こりの人が多いので、体幹の筋肉である、背筋(脊柱起立筋)を鍛えることで、自然に姿勢が良くなっていくため改善していく。

お腹が出ているゴルファー

ー問題点ー

お腹が出ているゴルファーは体全体が後ろに傾いていくのでかかと足重心になりやすく、スイングバランスが悪く、ダウンスイングからインパクトにかけて体が伸び上がる傾向があり、トップボールが多く出る。

ー解決法ー

お腹を貼って歩くタイプは骨盤が後傾気味になっている可能性があり、腹筋周辺の筋肉群を鍛えることで改善できる。

 

 

腰痛の人

ー問題点ー

腰痛の人は、腰をかばうあまりフルスイングがなかなかできない。

練習しすぎると、翌日のラウンドに差し支えるので多く練習できない。

ー解決法ー

体幹全体が弱い可能性がある。

先ほど紹介した体幹を支えている4つの主要筋肉群を鍛えれることと正しい姿勢を日頃から意識することで改善していく。

④両足加重で長く立てない人

ー問題点ー

ラウンド終盤で疲労困ぱいになり、スイングがおぼつかなくなり、スコアを大きく落としてしまう。

ー解決法ー

骨盤が傾いている可能性があり、体幹を鍛えると全身のバランスが取れるようになり、スイングバランスも良くなる。

まとめ

体幹とは深層の筋肉で目には見えないので、大半の人が見た目が大きく変わるアウターマッスルのトレーニングをしがちです。

しかし、今回の記事でいかに体幹がゴルフにとってもそうだし、日常生活でも快適になるということが理解できたと思います。

これからはアウターマッスル(外見ボディー)と同等もしくはそれ以上に時間を使って、体幹をトレーニングして健康な体と屈強な体を手に入れましょう!

当ブログ管理人厳選のおすすめゴルフショップ
“CHIAKI”
こんにちは!

私が厳選しておすすめする「Fairwaygolf」ショップはアメリカ直輸入店舗!(私も高校生時代から利用しています)

ここには他店にはない6つの強みがあります!

❶「国内未入荷モデル」

❷「US限定モデルのレアもの」 

❸「US限定のゴルフクラブ」 

❹「日本より安いモデル」

❺「日本より早期発売されるモデル」 

❻「カスタムクラブ」 

例えば、

や、

こんなものまで!!

日本のゴルフショップでは見たことないですよね?(しかも安い!!)




あなたの今まで見たことないゴルフグッズがここにあります!

ぜひ立ち寄ってご覧になってくださいまし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です